おもしろNBA

NBAのニュースや小ネタなど、面白さを発信します!

事実上のファイナル、GSW-HOU第1戦は盤石な試合運びでGSWがアウェイで勝利

一日遅れのアップになりますが、

機能はこの試合の結果が気になって仕方ありませんでした!

 

まずはハイライト。


Golden State Warriors vs Houston Rockets Full Game Highlights / Game 1 / 2018 NBA Playoffs

 

試合開始直後からもうすでに面白い!

①GSWのスイッチディフェンスのミスからハーデンがオープンスリーで先制

②デュラントのドライブからのシュートをカペラが豪快ブロック

ハーデンがドライブからタフショットを決めて、直後にドレイモンドがハーデンにつっかかりテクニカルファウル

 

普段あまり盛り上がらないトヨタセンターが沸きに沸いてましたねw

開始早々ホームコートアドバンテージを上手く自分たちの流れにつなぐHOU。

ドレイモンドのテクニカルが謎すぎて。。

硬くなっていた味方を鼓舞する意図でもあったのかね。その後も2回ほど審判に食ってかかってたし。

GSWはここでドレイモンドが退場になってなくてよかったね。

 

第1Q途中で12-21と9点リードを得たHOUだったが、

さすがディフェンディングチャンピオンのGSW、全然慌てず。

デュラント、クレイの得点などで徐々に点差を詰めて、

結局このクォーターで1点差まで詰め寄られる。

 

その後リードチェンジが何回かあったものの、

チーム力で戦うGSWに対して、

スクリーンからのアイソレーションで攻めるHOU

 

HOUはハーデンが41点、ポールが23点11リバウンドと個人の力を見せるも、

チームアシストは18のみ。

ゴードン以外のロールプレイヤーのシュートは24本中5本のみの成功に終わり、

効率的なオフェンスができなかった印象。

 

対するGSW。

オフェンスについては、デュラント37点、クレイ28点。

不調気味だったカリーも結局18点、6リバウンド、8アシスト。

ドレイモンドは5点、9リバウンド、9アシスト、2スティール、2ブロックで、

+/-はチーム最多となる+19を記録。

(やっぱり、ドレイモンド退場しなくてよかったね)

 

オフェンスはもはや語る必要もないGSWですが、勝敗を分けたのはディフェンスでしょう。

これまで磨かれてきたディフェンスがHOUの自慢のオフェンスに効果抜群。

スイッチを繰り返し、ディフェンスにギャップを作らないスモールラインアップ。

ハーデンとポールがシュートを決められても、二人が厳しくなったときはすでに手詰まりの状態、というポゼッションが多かった。

 

終わってみれば119-106でGSWが十分な点差を開けて勝利。

 

ここで一つ動画を。

NBAのOB、ジェイレン・ローズが「何してんのこのチーム」「ハーデンが10秒以上ボール保持するポゼッションが28回とかまじやばい」とディスってますw


Jalen Rose breaks down film from Warriors' Game 1 win over Rockets | Get Up! | ESPN

問題は、

①ハーデンとポールがアイソレーションでボールを持ちすぎ、

ショットクロックがだんだんなくなり

③厳しいシュートを打たされ

④チームオフェンスじゃないためオフェンシブリバウンドが取れない

と、GSWに対して問題ありすぎ。

 

シーズン中のようにハーデンとポールのアシストを増やさない限り、同じような状態が続く気がします。

 

いろんなコメンテーターが好き勝手にコメントしてますんで、またの機会にアップしますw

 

シャックとバークリーはふざけすぎ(だけど大好きです)