おもしろNBA

NBAのニュースや小ネタなど、面白さをまとめて発信します!

ドラフト1位指名有力のディアンドレ・エイトン「自分が1位指名だということは分かっている」

今年のドラフト1位指名権を持つPHXのワークアウトに参加したディアンドレ・エイトン。

 

ワークアウトの後の記者会見の様子が動画でありました。

(PHX以外のワークアウトには)参加していない。

自分が1位指名であることは分かっている。

 

本人はもうPHXでプレーする気満々という感じ。

そして、これだけ将来有望なドラフト候補が揃っている中での強気な発言。

大物感を漂わせています。

 

 

動画内ではビンス・カータートレイシー・マグレディという従兄弟同士が共演。

 

会話の中では、アリゾナの高校出身のエイトンが地元チームのPHXに所属しそうであることについて、地元でプレーすることの難しさを語っています。

 

カーター

「自分の最初の所属チームが地元じゃなくてよかった。地元がいい人もいるだろうが、プレッシャーに感じることもある。」

 

まあ、これは人に寄るでしょうね。

CLEのレブロンは果たしてどうだったんでしょうか。

 

 

とにかく、PHXでエースのデビン・ブッカーとのコンビは楽しみなので、早く観たいものです!

 

 

でも安定感のあるポイントガードが必要だと思う。